開いた毛穴にフラーレンセラム(美容オイル)の満足度は??検証してみました。

こんにちは。
毛穴の開きを研究中のAtsukoです。

今日は毛穴対策67個目。
使い心地の良さを実感中の
フラーレンコスメ

ビューティーモールから
フラーレンセラム(美容オイル)
を試させて頂きました。

早速紹介していきますね。
>>フラーレンセラム

ビューティーモールの
フラーレンコスメの良さ

%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%aa%e3%82%a4%e3%83%ab%ef%bc%92
これまでにビューティーモールの
フラーレンコスメはいくつか
試させて頂きました。

実際使ってみて感じた良さは
使い心地の良さ。

公式サイトはパッと見
少しわかりづらい部分もあるのですが

ビューティーモールの
フラーレンコスメの良さは
使えばわかるという感じで
美肌になる実感も高かったです。

また、商品自体の持ちも良いので
見た目はコンパクトでも長く使えるのも
満足ポイントでした。

今回新たに試す
フラーレンセラムとは?

%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%aa%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%80%80%e6%88%90%e5%88%86
まずは成分表を見てみましょう。

水添ポリイソブテン・スクワラン・フラーレン・アルガニアスピノサ核油・カニナバラ果実油・ザクロ種子油・ダマスクバラ花油・テトラヘキシルデカン酸アスコルビル・トコフェロール・メドウフォーム油・イランイラン花油・オレンジ花油・パルマローザ油・ビターオレンジ葉/枝油・ラベンダー油・レモン果皮油

フラーレンセラムには
フラーレンを天然の
オリーブスクワランに溶かした

リポフラーレン
という美容成分が最高濃度で
配合されています。

また、
リポフラーレンと相性の良い
油溶性のビタミンC誘導体VCIP
ビタミンEも配合されています。

美肌に良さそうな感じが
満載ですよね。

毛穴の開きに試してみました

%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%aa%e3%82%a4%e3%83%ab%e4%bd%bf%e7%94%a8
フラーレンセラムの容器は
このような形で口が
小さくなっているので
こぼれにくく使いやすいです。
%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%aa%e3%82%a4%e3%83%ab%e5%ae%b9%e5%99%a8
中身は透明で
割と軽めのテクスチャー。
%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%aa%e3%82%a4%e3%83%ab%e4%b8%ad%e8%ba%ab
オイルなのに
ベタつかない感じが
使いやすくてとても良かったです。

肌になじませてみると
すっと馴染みました。
%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%aa%e3%82%a4%e3%83%ab%e4%bd%bf%e7%94%a8%e5%be%8c
イランイラン花油、オレンジ花油、
パルマローザ油、ビターオレンジ葉/枝油、
ラベンダー油、レモン果皮油

の天然精油が組み合わされているので
とても香りが良かったです。

心身ともに癒されるので
スキンケアしながら
深呼吸するのが
毎日の楽しみになりました☆

導入美容液としても
いつものスキンケアにプラスしても
使えるので使い勝手も良かったです。

私は主にいつものスキンケアに
プラスして保湿強化を図りましたが

乾燥が気になるこの季節にも
べたつかずに保湿ができて

肌もツルっと綺麗に
なっていく感じがありました。

使い続けていくと
毛穴の開きも気になりづらく
なってきましたよ☆

Atsukoの満足度

atsuko%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%ab%e7%94%bb%e5%83%8f
今回試させて頂いたフラーレンセラム。
Atsukoの満足度は

敏感肌へのやさしさ ★★★★☆
毛穴の開き     ★★★★☆

フラーレンセラムは毛穴の開きに
とても嬉しいアイテムでした。

ぜひ公式サイトもチェックしてみてください。
>>フラーレンセラム

最後までお読み頂きありがとうございました。
ランキングに参加しています。
よかったらポチっと押して
応援してくださるととても励みになります。

にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る